医院名:市来歯科医院 住所:荒川区西日暮里2-17-5 日暮里サンシャインビル3F(日暮里駅東口徒歩1分) 電話番号:03-3805-3445

むし歯治療

虫歯になってしまう原因は日々の歯ブラシの磨き残しや甘い物の摂りすぎ、元々の歯の質などさまざまですが、直接の要因は、虫歯の原因菌が出す酸です。磨き残しなどがあると、プラーク(歯垢)に潜む原因菌がみがき残しに含まれる糖分を栄養にして酸を出し歯を溶かしていくのです。
虫歯になってしまった歯は治療をしなければ勝手には治らず放置するとどんどんと進行し、最悪の場合は歯を抜かなければならなくなりますので、違和感を覚えたらできるだけ早くご相談ください。

虫歯の進行状態と治療

虫歯はその進行の程度によって治療法が変わってきます。

C0 軽度の状態 ⇒ 経過観察もしくはCR充填
C1 表面のエナメル質に小さな穴がある状態 ⇒ おもにCR充填
C2 エナメル質の下の象牙質も虫歯に侵された状態 ⇒ CR充填もしくはインレーやクラウン
C3 歯髄まで虫歯に侵された状態 ⇒ 根管治療
C4 歯冠部がほとんどなく、歯の根だけが残っている状態 ⇒根管治療もしくは抜歯

虫歯を予防するために

虫歯にならないためには予防するのが一番です。
予防メニューとしては、ご自宅での歯磨きが一番です。そのために当院では歯科医衛生士によるブラッシング指導も行っています。
また、虫歯の予防として定期的なメンテナンスで歯のクリーニングやフッ素塗布などが重要です。
虫歯は治療して終わりでは治療後も定期的に歯科医院でのクリーニングを行うことで大きな虫歯にならずに済むことがあります。

う蝕検知液で虫歯治療

虫歯治療の基本は「悪くなった部分をしっかりと除去すること」です。しかし、虫歯と健康な部分の境目を判断するのは、そのまま見ても難しいです。そのため、「う蝕検知液」という虫歯に反応して色が変わる液を使用します。ていねいに虫歯を取り去りつつ、患者さんの大事な天然歯をできるだけ残すことが重要だからです。

歯を削った後は研磨をしっかり行って段差を作らないこと、可能な限りぴったりはまる補綴物(被せ物・詰め物)を用意して合わせることで再発を防ぎます。もちろん、治療後は予防の意識を高めてもらい、定期的なメンテナンスに移行するお手伝いもいたします。

 

根管治療

虫歯が神経まで達してしまうと、ただ虫歯の部分を削るだけでは歯は残せません。
そこで行う治療が「根管治療」です。根管治療は、歯の根(根管)の中にある神経を取り除き、きれいに洗浄したうえで、神経があった空間に薬剤を緊密に詰める治療です。

知覚過敏

知覚過敏歯がしみると感じたとき、「虫歯かな?」と思うかもしれませんが、実際には虫歯ではなく「知覚過敏」だというケースも少なくありません。
知覚過敏は、歯の表面を覆っているエナメル質が何らかの原因で削られ、内側の象牙質がむき出しになってしまうことで起こる症状です。虫歯ではないのに冷たいものがしみるなどの症状がある場合は、知覚過敏を疑ってみてください。

知覚過敏(歯がしみる)の原因

  • 間違った歯磨き
  • 歯ぎしりや噛み合わせの乱れ
  • 歯周病
  • 虫歯
  • ホワイトニング
tel:03-3805-3445 初診限定24時間ネット予約
一番上に戻る