医院名:市来歯科医院 住所:荒川区西日暮里2-17-5 日暮里サンシャインビル3F(日暮里駅東口徒歩1分) 電話番号:03-3805-3445

ブログ

2021.10.25

マイクロスコープを用いた虫歯治療のセミナーに参加して参りました。

この度は日暮里の市来歯科医院のホームページ・ブログをご覧頂きありがとうございます。

 

 

昨日の1024日にマイクロスコープを用いた歯科治療で日本でも有数の実績を誇り、海外の学会でも講演を行っている、岡口守雄先生のセミナー「マイクロ歯科治療セミナー CR編」に参加して参りました。

 

マイクロスコープとは約321倍に拡大した視野で、なおかつ明るく観察ができ、それを画像や動画として見る事が出来る歯科治療用顕微鏡です。

マイクロスコープを用いる事によって、裸眼や拡大鏡よりも精密に治療を行うことができ、虫歯の部分だけをより選択的に削ることが可能となり最小限の侵襲によって治療をすすめる事ができます。

 

コロナ渦によって歯科業界でもオンラインセミナーが増加し、学びの場が広がりましたが、どうしても対面で行う実習のセミナーが延期や中止となっておりました。しかし、9月半ばからの新規陽性者の減少を受けて今回少人数制での開催となり、今回参加することが出来ました。

 

これからも少しでも多くの知識・技術を得て、研鑽を積み当院に通院して頂ける患者様に還元できるよう精進をしていきます。

 

日暮里で歯科医院をお探しの際にはぜひ市来歯科医院までご連絡ください。

2021.10.15

全身麻酔と歯科との関わりについて

この度は日暮里の市来歯科医院のホームページ・ブログをご覧頂きありがとうございます。

 

今回は全身麻酔と歯科との関係について説明させて頂きます。

 

全身麻酔で手術を行う際には、手術中の呼吸の手助けをするために挿管と言って口から肺の入り口までチューブを入れます。

稀に挿管の一連の手技によって歯が破折したり、動揺したり、最悪の場合には歯が抜けてしまう危険性があります。

また、口腔内細菌が挿管により気管内に入り、術後に抵抗力が下がった場合に肺炎に繋がってしまうことがあります。

 

麻酔科医による手術前診察で口腔内も確認し、必要であれば病院の中にある歯科を受診することになりますが、手術までに時間がなく十分な処置が行われないまま手術を迎えたり、通常であれば残すことの出来る歯を手術のために急遽抜歯しなければならないといった事態が起きてしまうこともあります。

そもそも、手術する病院に歯科が併設されていない場合も少なくありません。

大学病院などでは最近は術前に歯科受診を勧めることが多くなっていますが、まだまだ普及率は100%ではありません。

 

普段から定期的に口腔ケアで通院されている方も、全身麻酔での手術の予定のある方は是非当院までお知らせください。

予定に合わせて口腔ケアを行わせて頂きます。

また、必要があれば挿管時に歯の破折等を予防するためのマウスピース作成することも可能です。(保険適応)

 

 

当院歯科医師の湯川は医科大学口腔外科での勤務時代に7ヶ月間の麻酔科研修を行い、実際に200件以上の全身麻酔を担当し、7ヶ月間の救命救急センター研修も含めると数え切れないほどの挿管を行っております。また、口腔外科だけではなく病院内の歯科として術前の口腔ケアや手術前口腔内処置を行ってきております。ささいな事でも構いませんので、不安な事や疑問等あればなんでもご相談ください。

 

 

 

 

2021.10.13

歯科訪問診療を行って行っております。

 この度は日暮里の市来歯科医院のホームページ・ブログをご覧頂きありがとうございます。

 

当院では寝たきりになってしまった方、歩行が困難な方、認知症が進行してしまった方など、クリニックに通院が出来ない方に対して訪問診療を行っております。

 

歯科医師および歯科衛生士がご自宅や入所されている施設等に訪問し、合わなくなってしまった義歯の調整や新義歯の製作、定期的な口腔ケア、虫歯の処置、抜歯などを行っております。

 

合わない義歯で食事を行っているとどうしても柔らかいものを食べがちになり、たんぱく質の摂取が減ってしまったりと栄養の偏りが出てしまい、免疫力の低下に繋がる可能性があります。

また、口腔ケアが不十分であると誤嚥性肺炎の原因となったり、歯肉の腫れや痛み、口臭の原因となったりしてしまいます。

 

当院には院内に歯科技工所を併設し歯科技工士が常駐しておりますので、義歯調整や新義歯の製作は迅速に対応することが可能です。

 

患者様やご家族のご要望を踏まえてその方に合った治療計画を製作しておりますので、

ご家族やご友人で歯科訪問診療をご希望の方がいらっしゃいましたら、まずはご相談だけでも当院までご連絡ください。

 

2021.08.05

マイクロスコープの研修セミナーに参加して参りました。

この度は日暮里の市来歯科医院のホームページ・ブログをご覧頂きありがとうございます。

 

先日当院にマイクロスコープを導入したということを書かせて頂きました。

 

マイクロスコープはとても高性能であり、「綺麗に拡大して明るく見る」ことが出来ます。

しかし、それだけでは活用出来ているとは言えません。

しっかりと高性能の道具を使いこなしてこそ意味があります。

 

そこで、7/31-8/1と診療を休診とさせて頂き、マイクロスコープを用いた根管治療(歯の神経の治療)で世界中の学会で発表行うなどの素晴らしい実績を誇る岡口守雄先生のセミナーに参加して参りました。

  

実際の抜去歯牙を用いてのみっちり2日間少人数で講義および実習を行い、マイクロスコープを用いた根管治療のレクチャーを受け、長い間日本のトップランナーである先生の金言を聞き、多くの学びがあった2日間となりました。

 

これからも当院に通院してくださる患者様により良い歯科治療を提供することが出来るよう研鑽を続けて参ります。

 

歯科診療に際して疑問等ございましたら、遠慮なく市来歯科医院までご相談下さい。



2021.08.04

カールツァイス社製のマイクロスコープを導入致しました。

この度は日暮里の市来歯科医院のホームページ・ブログをご覧頂きありがとうございます。

 

今春に当院にカールツァイス社製の歯科用マイクロスコープのEXTARO300を導入致しました。

治療時にマイクロスコープを用いる事によってお口の中を明るく照らし拡大して見ることができます。

そしてカメラを装着する事により、私たちが見ているものを動画や写真として患者様も見る事ができるようになりました。

 

EXTARO300では段階的に約321倍までの拡大率で見る事ができ、それによって俯瞰的に観察したり、細かい所を集中して観察したりすることが出来ます。

肉眼では判別の難しい破折や歯の神経の、被せ物の縁に出来てしまった虫歯など、これまではちゃんと見る事が難しかったものが見えるようになりました。

拡大鏡を違い光軸と観察軸とのズレもほぼ無いため、陰ができずに対象物を観察することが可能になります。

 

また、記録用カメラとして高感度のSONY社製α7SⅢを装着し、4Kモニターに出力しているため鮮明な画像を用いて患者様に説明することが出来るようになりました。

 

拡大例として千円札を撮影した画像をご覧下さい。

段階的に拡大をしていくと、肉眼では線に見えることも『NIPPONGINKO』と文字が見る事が出来ます。(アップロードの関係上画像データを圧縮しております)

 

ですが、マイクロスコープは拡大鏡と比べると立体感に劣っていたり、集中して見るため視野が狭くなるなどの欠点があります。

そのため処置に応じてマイクロスコープと拡大鏡を使い分け診療を行っております。

 

 

日暮里でマイクロスコープを用いた治療を行っている歯科医院をお探しの際にはぜひ市来歯科医院までお問い合わせください。

2021.07.30

当院の夏休みについて

この度は日暮里の市来歯科医院のホームページ・ブログをご覧頂きありがとうございます。

当院は夏休みとして8月12〜15日を休診とさせて頂きます。

何卒ご理解の程宜しくお願い致します。

2021.07.05

笑気吸入鎮静法を用いた歯科治療について

この度は日暮里の市来歯科医院のホームページ・ブログをご覧頂きありがとうございます。

当院では歯科治療が苦手な方に笑気ガスを用いた笑気吸入鎮静法を併用し歯科治療を行っております。

笑気吸入鎮静法はリラックスして落ち着いた状態で治療が受けられる安全性のある鎮静法です。
歯科医院の雰囲気は独特であり、大人の方でもこれまでに怖い思いをしたことなど、恐怖や不安がある経験をされたことがあると思います。
当院では、笑気吸入鎮静法という、恐怖心を和らげリラックスさせる効果のある低濃度笑気ガスを鼻に装着したマスクより吸いながら治療することが可能です。
笑気の臭いはほのかに甘い香りで、違和感なく気持よく吸入できます。笑気は肺から血液の中に急速に溶け込み、5分以内に鎮静状態に到達します。逆に、血中からの排泄も非常に速く、笑気の吸入濃度を変えることによって鎮静度を迅速にコントロールすることが可能です。また、笑気は鎮静作用に加えて鎮痛作用を持っているため、リラックスすると共に痛みを感じにくくなり、治療もスムーズに進みます。

しかし、全ての方に笑気ガスによる鎮静法がうまくいくわけではなく、恐怖心がとても強い場合や、笑気ガスが合わない方もいらっしゃいます。
そういった場合には歯科大学病院等の高次医療機関へ紹介をさせて頂いております。

また、適応症や禁忌については当院HPの医院紹介を参考にしてください。
https://www.ichikidental.com/clinic/#a04

笑気の使用に関しては健康保険の適用があり、通常の保険診療で行うことが出来ます。

日暮里で笑気吸入鎮静法を行っている歯科医院をお探しの際には市来歯科医院までお気軽にご相談ください。

2021.07.01

診療室をリニューアル致しました

この度は日暮里の市来歯科医院のホームページ・ブログをご覧頂きありがとうございます。
ご報告が遅くなってしまいましたが、このたび6月3日から10日まで臨時休診とさせて頂き、診療室の床の張り替えおよび全ての診療ユニットの入れ替えを行いました。

床はなるべくすっきりするようにし、全面抗菌仕様に張り替えを行いました。
ユニット間のパーテーションは院内の換気をしっかり行いつつ、暗くならないように、そしてしっかりと隣と仕切ることが出来るようにブラインドタイプとしました。

そして新しく導入した診療ユニットはモリタ社製のT300という機種になります。
最新の機種ということもあり私たちが診療しやすいのはもちろんのこと、ユニット倒したり起きたりなどの動きがゆっくり滑らかになったり、うがいするお水を冬場は温かくすることが出来たりと患者様にとっても優しい診療ユニットです。

また、フットペダルという私たちが使用する機械を操作するペダルもコードレスになり、診療室内にホコリや汚れが溜まりにくく、掃除がしやすくなり、以前にも増して診療室内を清潔に保てるように致しました。

患者様には安心して来院して頂けるようこれからもスタッフ一同邁進していきます。

日暮里で歯科医院をお探しの際にはぜひ、市来歯科医院までご連絡ください。

2021.04.27

6月3日〜10日の臨時休診について

この度は日暮里の市来歯科医院のホームページ・ブログをご覧頂きありがとうございます。

 

表題にある通り、63日〜10日の間を院内の内装工事および診療ユニットの入れ替えを行うため臨時休診とさせて頂きます。

 

患者様にはご迷惑をおかけしますが、何卒ご理解のほどお願いいたします。

 

611日よりリニューアルした市来歯科医院を宜しくお願いいたします。

2021.04.26

拡大鏡を用いた治療について

当院の拡大鏡を用いた治療について

 

この度は日暮里の市来歯科医院のホームページ・ブログをご覧頂きありがとうございます。

 

当院では歯科医師も歯科衛生士も個々に合った拡大鏡を用いて診療に当たっています。

虫歯の治療はもちろん、虫歯や歯石のチェック、歯科衛生士による歯石除去、仮歯の調整や接着材の除去時、抜歯やインプラント手術の際など、基本的に全ての処置時に拡大鏡を使用しております。

 

当院で使用している拡大鏡は35倍の倍率で、口腔内を照らすライトも同時に使用しているため、裸眼では見にくい箇所も明るく照らし細かい所まで見逃さないよう努めています。

 

 

 

 

 

 

また、歯科医師が使用している拡大鏡はカールツァイス社製で非常にレンズが明るく被写界深度も深いため非常に治療がしやすくなっています。

 

拡大鏡を用いることによってピンポイントで治療を行う事ができ、最小限の切削、精密な治療を心がけております。

 

歯科衛生士も拡大鏡を用いることによって、盲目的に歯石を取るのではなく、しっかり歯石にのみアプローチ出来るようになっており、効率的にかつ低侵襲でクリーニングを行っております。

 

また、カールツァイス社製のマイクロスコープのEXTARO300を導入致しました。

それによって今まで以上に高画質な記録を取ることができ、口腔内の状態や治療の経過をお見せする事が出来るようになりました。

マイクロスコープについてはまた今度詳しくブログに書きたいと思います。

 

ぜひ拡大鏡を用いた治療をご希望の際には日暮里の市来歯科医院までご連絡ください。

1 2 3 4 5
tel:03-3805-3445 初診限定24時間ネット予約
一番上に戻る